日本離床学会 - 早期離床・看護・リハビリテーション

日本離床離床学会 認定試験・資格

 
 

◆認定試験 受験スタイル

2021年1月11日(月・祝)10:00〜11:45 Web試験様式について

zoomとgoogle formを用いたWeb試験 となります。

※インターネット環境を使用し、Webカメラを通して試験を行います。

※PC、ネット環境、Webカメラ(カメラ内蔵のPCも可)を事前にご準備ください。
PCをお持ちでない場合でも、スマートフォンをカメラとして使用し、タブレット受験も可能です。

※試験前にzoom使用方法や受験に関するリハーサル日時を設定します。

試験受験時の様子(イメージ)

カメラを通して、顔が見えるようにしてください。

 

手元には、受験票、キーボード、マウス以外は置かないでください。

 

表示される問題にweb上で解答していきます。

※不正行為に対しては厳正に対処します。不正行為と疑われる不審な挙動がみられた場合は失格となります。

◆資格取得のメリット

離床アドバイザー・離床インストラクター共通のメリット

コース修了、試験合格者は各認定資格保持者として、認定証を授与いたします。

希望者は資格保持者として所属施設をホームページ上に公開いたします。


インストラクター認定者には、勉強会開催用の基礎スライドを授与いたします。

わかりやすいプレゼンテーションの行い方講座を個別指導付で受講できます。

◆更なるステップアップ

◆離床インストラクター・離床アドバイザーとは

 離床を図るうえで必要な知識・技術レベルを評価する認定制度です。
合格すると認定証が授与され「離床インストラクター」「離床アドバイザー」を名乗ることができます。

※資格を得るためには学会員であることが必要です。

資格紹介パンフレットが作成されました。ダウンロードはこちら

資格取得者在籍施設一覧表

◆Web認定試験願書申し込み方法

1)願書をダウンロードの上、必要事項を記載し日本離床学会事務局まで郵送またはメール添付にて受付を済ませてください。

願書送付先
【郵送の場合】
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-2-12-2
日本離床学会事務局 宛

【メールの場合】
メールアドレス:jsea@rishou.org
メールタイトル:認定試験願書
 ※メール送付の場合は、願書とは別に顔写真も必ず添付して送付ください。

2)受験料振り込み  願書送付後速やかに受験料を入金してください。
振込先 :三菱UFJ銀行 四谷支店 普通預金 0087724
講座名義:日本離床研究会
受験料 :プレアドバイザー   5,000円
     アドバイザー     10,000円
     インストラクター   10,000円(アドバイザー 取得者)
 ※振込手数料はご負担ください。
  一旦払い込まれた受験料は、原則として返還しません。
  出願期間を過ぎての入金は受付されません。

3)受験票の送付  受験票は入金確認後随時発送します。
 ※入金後、10日過ぎても受験票がお手元に届かない場合は、事務局までご連絡ください。

◆資格取得の流れ

離床プレアドバイザー

①筆記試験による認定

②レベル・病期別コースによる認定

※レベル・病期別コースについての詳細はこちら

離床アドバイザー

①離床アドバイザー習得コース修了による認定

②筆記試験による認定

離床インストラクター

※離床アドバイザー習得コース修了者は、離床インストラクター筆記試験20点が減免となります。

※離床インストラクター筆記試験合格は3年間有効となり、その間に実技試験を合格すれば、離床インストラクター認定となります。

【歯車くんからの出題】解いてみよう!離床学会資格認定試験問題

【問題】心不全で入院の80歳女性。外来で通院時は心房細動(AF)の既往があった患者。昨日まで心房性期外収縮(PAC)が2~3回/分で管理されている。利尿剤のコントロールにより尿量が増加して心不全改善傾向のため、本日より端座位の許可が出た。ヘッドアップ時の反応で、端座位を行うべきでないものを1つ選べ。

選択肢:

  1. 橈骨動脈を触診したところ、ヘッドアップ前と変わらず弱いながら拍動を認めた
  2. 胸式呼吸が腹式呼吸になった
  3. 心電図を見るとPACが4~5回/分出現していた
  4. 手足はやや冷感はあるも湿潤はなし、顔色に変化はなし
  5. ヘッドアップ時に問診すると、ふわふわするといった訴えと共に、軽い息切れを認めた
 
 

【問題】

離床後の循環状態のアセスメントとしてヘッドアップ80度で頸静脈を確認したところ、頸静脈の怒張を認めた。このとき原因として最も可能性が低いものを1つ選べ。

選択肢:

1. うっ血性心不全
2. 心タンポナーデ
3. 肝機能障害
4. 出血性ショック
5. 収縮性心膜炎