日本離床学会 - 早期離床・看護・リハビリテーション

学会プロジェクト

日本離床学会では学会プロジェクトとしてファシリテーターと呼ばれる分科会を設置しています。
現在、1.研究 2.看護 3.一般市民 4.チーム連携 5.OT専門部会 6.整形外科 7.長期離床 8.脳血管疾患 の8つのグループで構成されています。
それぞれのグループが年間活動計画のもとに自主的に楽しく活動しています。これらの活動は学会やホームページ、会員メーリングリストを通して情報発信され、日本中の仲間のもとへ届けられています。

離床ファシリテーター・専門部会が発信する離床のポイント〜臨床における創意工夫〜

離床推進ファシリテーター・専門部会では、日々の臨床や患者さんとの関わりでの創意工夫を、発信しています。

「一歩先ゆく離床セッション!~学会専門チームからの提案~」

※下記の動画は2021年6月12日に開催された学術大会で発表された内容です。

【先輩E-MATから聴こう!】アンケート調査からわかる離床チーム活動の極意

離床推進ファシリテーター 看護グループ
「忙しい」を言い訳しない!
~ながら離床を多職種コラボへつなげる5つの秘策~


離床推進ファシリテーター 長期離床グループ
早期じゃなくて長期!?一歩先ゆく未来型思考