日本離床学会 - 早期離床・看護・リハビリテーション

講演内容

“何となく”のゴール設定から抜け出す秘策とは

離床はできても、「目的のない離床」が新たな課題となっています。その原因は、患者さんの生活を見据えた「ゴール設定」ができていないこと。本講座では、ゴール設定に必要なアセスメント・申し送りから、患者さんの興味・関心を引き出すテクニックまで、急性期から生活期まで使える系統的なゴール設定法を伝授します。さあ今こそ、何となくのゴール設定から抜け出してみませんか?

※この講座および他のアドバンス講座の2 講座受講で、離床アドバイザー習得コースの理論コース1 単位を取得できます。

【電気ポットと漫才!?】ドキッとする患者さんとの会話を再現 の動画はこちら