日本離床学会 - 早期離床・看護・リハビリテーション
講演内容

リスク管理に必須の画像をスイスイ読む裏技とは?

肺炎・気胸・心不全に肺水腫と、急変や状態悪化に直結する病態は早期発見が一番。でも、胸部の写真は複雑なので「一体どこを見ればいいの!?」と悩んでいませんか?その悩みの解決策は、“線(ライン)を読むこと”。画像に隠された線を見れば、今までの自分の目がウソのようにスイスイ読めるからビックリ!さらに、リスク管理にゼッタイ必要な写真を手元のスマホで見ながら徹底理解。さあ、あなたも「ライン」をキーワードにしたユニークな講座を受けて、患者さんを安全に回復へと導いてみませんか?

※スマートフォンで閲覧する画像は加工された公共閲覧用の教育素材を使用します。
※この講座は離床アドバイザー習得コースの理論系1単位を取得できます。