日本離床学会 - 早期離床・看護・リハビリテーション
講演内容

なにげない患者さんの症状から異変を察知できますか?

集中治療室などと違って、あるのは体温計と血圧計、よくてSpO2モニターのみ・・・。この状況でなんだかいつもと違う・・おかしい、そう思ったときあなたなら何を評価しますか?そして、もしその患者さんに新たな疾患が見つかったとき、起こしてよいか判断できますか?この講座ではモニター・機器が不十分な状況で起こりうる急変や病状の変化に備えるため”目からウロコ”のアセスメントポイントをベテランが伝授。もしそうなったときにも、落ち着いて対処し起こしてよいかの判断ができるスタッフを育成します。当会で人気のベーシック講座に続き、イラストとユーモア満載でお届けする新講座、いよいよ開催です!!

※この講座は離床アドバイザー習得コースの理論・実技計2単位を取得できます。

※学会発行書籍「フィジカルアセスメント完全攻略Book」を予めご準備の上、講義にお臨みください。