日本離床学会 - 早期離床・看護・リハビリテーション

資格取得の流れ

離床インストラクター・離床アドバイザーとは

離床を図るうえで必要な知識・技術レベルを評価する認定制度です。
合格すると認定証が授与され「離床インストラクター」「離床アドバイザー」を名乗ることができます。

離床アドバイザー・離床インストラクター共通のメリット

コース修了、試験合格者は各認定資格保持者として、認定証を授与いたします。

希望者は資格保持者として所属施設をホームページ上に公開いたします。

離床インストラクター取得のメリット

インストラクター認定者には、勉強会開催用の基礎スライドを授与いたします。

わかりやすいプレゼンテーションの行い方講座を個別指導付で受講できます。

離床プレアドバイザー

①レベル・病期別コース取得による認定

②筆記試験による認定

離床アドバイザー

① 離床アドバイザー習得コース修了による認定

② 筆記試験による認定

離床インストラクター

※離床アドバイザー習得コース修了者は、離床インストラクター筆記試験20点が減免となります。

※離床インストラクター筆記試験合格は3年間有効となり、その間に実技試験を合格すれば、離床インストラクター認定となります。