日本離床学会 - 早期離床・看護・リハビリテーション

【仲間や新人さんを誘って参加しよう!】 ネット生中継臨床相談会

木曜の夜にオンラインで「離床臨床相談会」を開催しています。

一般公募された離床難渋症例について、約1時間行われる充実したカンファレンスです。

司会は、当会代表の曷川を中心とした講師陣がつとめ、応募いただいた症例情報から、たくさんの人とのディスカッションが繰り広げられます。

※学会発表同様に施設または患者さんから必要許諾を得て相談しております。

今週の開催情報

今週の臨床相談会は「脳卒中の合併症の悩み」をテーマに開催します。

・けいれんコントロールがなかなかつかない症例の離床をどうすべきか
・離床のモチベーションが上がらない患者さんがいて困る
・転倒リスクが高くて離床を進められない

既に上記のような悩みが届いており、講師陣と参加者でディスカッションして解決に導きます。是非、ご参加ください。


[臨床相談会]
日時:10/6(木) 20時
開催時間:50~60分
講師:飯田 祥 先生 黒田 智也 先生 ほか日本離床学会講師陣
テーマ:脳卒中の合併症の悩み

Zoomミーティングに参加する
https://us06web.zoom.us/j/85770904018?pwd=a01NTlZZaXdqajFvbXJ4TFlxemtwZz09

ミーティングID: 857 7090 4018
パスコード: 117920


ネット生中継の様子

是非、実際の質問に答えるネット生中継の様子をご覧ください。

症例相談カンファレンスの特徴

◯参加しやすい時間帯!              

20時から開催することで、家事や子供の寝かしつけを終えてから参加が可能!

◯質問をその場で聞ける              

カンファレンスの様子は、音声だけではなく、チャットを駆使して質問ができます。その場でわかりやすくアドバイスももらえます。

もちろん、相談者だけではなく、参加者からの質問もその場で回答します!

◯多職種・多分野のアドバイスがもらえる      

アドバイスは、看護師目線・リハ目線、さらには医師の目線まで多岐にわたり、満足いくこと間違い無し!!

さらに、離床のスペシャリストである当会講師陣も参加しています。

◯スマホからでも簡単に参加可能!         

参加は誰でも可能で、インターネットさえつながれば、自宅のパソコンでもスマホでも、気軽に参加することができます。

100人を超えるメンバーで行われる大規模カンファレンスは必見です!

アドバイスの内容はまとめられて、後日メーリングリストにて配信されます。

以下に、先日開催された相談会のアドバイスを掲載します。

【相談情報】

先週は「教えて!発熱時の離床をどうしてる?」をテーマに開催しました。発熱のアウ値、併せてみるデータに関するディスカッションや、スライドを用いたミニレクチャーもあり、充実した相談会でした。その内容をレポートします。

〇ズバリあなたの施設の離床を控える発熱のアウ値は?
38.0℃または38.5℃を離床のアウ値としている施設が多かった。38.0℃を超えた時の離床のリスクについて、代謝の観点からレクチャーがあり、数値だけではなく栄養や筋タンパクへの影響もみるべきだと感じる解説だった。

〇誤嚥性肺炎で発熱!その後の対策をどうすべきか
誤嚥性肺炎のときは、抗菌薬治療の効果の見極めが離床判断のポイントというアドバイスがあった。誤嚥は食事だけではなく、不顕性誤嚥対策として、離床やポジショニングの対策は積極的に行うべきという意見が多かった。

〇発熱が続いているときの離床判断と負荷をどこまでかけるか
発熱が続いているときの離床判断は、負荷をかけるメリットとデメリットを天秤にかけて、チームで相談して進めることが重要という解説があった。また、体温と併せてみるべきデータについて、踏み込んだ炎症所見の読み方についてアドバイスがあり参考になった。

〇まとめ
発熱は感染や術後など離床の阻害因子となることがあるが、熱の数値だけではなく、他のパラメータと併せて離床の負荷を考えることが重要だと感じる相談会だった。

※上記コメントは、臨床相談会の参加者から挙がった意見であり、臨床で応用する場合には、各施設で十分ディスカッションし、適応を検討してください。

[今週は脳卒中の合併症]

今週 10/6(木)の臨床相談会は「脳卒中の合併症の悩み」をテーマに開催します。取り上げて欲しい、合併症の悩みがありましたら、事務局までメールでお知らせください。皆様のご参加をお待ちしております。

**************************

今、困っている症例について、ベテラン講師陣からアドバイスがもらえる絶好のチャンス!

【参加方法】

離床症例相談会の案内は、当会のメーリングリストの招待メールから参加できます。

この症例検討は、これからの離床を担う新人の方にも、是非聞いていただきたい内容です。右記QRコードを共有していただき、カンファレンスへの参加をお勧めください。

【お友達・後輩の方をお誘い下さい】

ネット生中継カンファ参加URLが届く