日本離床学会 - 早期離床・看護・リハビリテーション

【仲間や新人さんを誘って参加しよう!】 ネット生中継臨床相談会

木曜の夜にオンラインで「離床臨床相談会」を開催しています。

一般公募された離床難渋症例について、約1時間行われる充実したカンファレンスです。

司会は、当会代表の曷川がつとめ、応募いただいた症例情報から、たくさんの人とのディスカッションが繰り広げられます。

※学会発表同様に施設または患者さんから必要許諾を得て相談しております。


ネット生中継の様子

是非、実際の質問に答えるネット生中継の様子をご覧ください。

症例相談カンファレンスの特徴

◯参加しやすい時間帯!              

20時から開催することで、家事や子供の寝かしつけを終えてから参加が可能!

◯質問をその場で聞ける              

カンファレンスの様子は、音声だけではなく、チャットを駆使して質問ができます。その場でわかりやすくアドバイスももらえます。

もちろん、相談者だけではなく、参加者からの質問もその場で回答します!

◯多職種・多分野のアドバイスがもらえる      

アドバイスは、看護師目線・リハ目線、さらには医師の目線まで多岐にわたり、満足いくこと間違い無し!!

さらに、離床のスペシャリストである当会講師陣も参加しています。

◯スマホからでも簡単に参加可能!         

参加は誰でも可能で、インターネットさえつながれば、自宅のパソコンでもスマホでも、気軽に参加することができます。

100人を超えるメンバーで行われる大規模カンファレンスは必見です!

アドバイスの内容はまとめられて、後日メーリングリストにて配信されます。

以下に、先日開催された相談会のアドバイスを掲載します。

【相談情報】

先週は「経管栄養中の離床」をテーマに、経管栄養中にどこまで離床するか、嘔吐しづらい体位、腹臥位中の経管栄養の工夫など、臨床に活かせるヒントが多数挙がりました。

その内容をレポートします。

〇経管栄養中にどこまで離床していいのか
経管栄養中に端坐位以上の離床を行っている施設は全体の半分くらいであった。離床を進める場合にも、経管栄養を落とす速度の調整に関して具体的な提案があり参考になった。

〇経管栄養中に嘔吐しづらい体位とは
一番嘔吐しづらい体位は端坐位であり、やむを得ず起こせない場合にも、ヘッドアップ30度以上での実施がガイドラインでも推奨されていた。側臥位の場合には左右どちらに向けるのか、消化器内科医の見解も紹介され参考になった。

〇COVID-19重症例の腹臥位中の経管栄養は行って大丈夫か
基本的には腹臥位中の経管栄養は行ってもよいと、ガイドラインでも推奨されている。ベッドの角度をつける方法について驚くような工夫が挙がり、盛り上がった。

〇まとめ
経管栄養中の離床は、施設によって方法や方針の違いがあることが分かりました。ガイドラインと患者さんの消化器状態などをアセスメントし、離床と栄養が両面うまく進むように、多職種が協力しながら取り組む必要があると感じる相談会でした。

※上記コメントは、臨床相談会の参加者から挙がった意見であり、臨床で応用する場合には、各施設で十分ディスカッションし、適応を検討してください。

**************************

今、困っている症例について、ベテラン講師陣からアドバイスがもらえる絶好のチャンス!

【参加方法】

離床症例相談会の案内は、当会のメーリングリストの招待メールから参加できます。

この症例検討は、これからの離床を担う新人の方にも、是非聞いていただきたい内容です。右記QRコードを共有していただき、カンファレンスへの参加をお勧めください。

【お友達・後輩の方をお誘い下さい】

ネット生中継カンファ参加URLが届く