日本離床学会 - 早期離床・看護・リハビリテーション

講演内容

百戦錬磨の医師が考える見逃せない徴候とは

便秘・下痢、消化管潰瘍など、疾患や投薬の影響などで消化器のトラブルは病期を問わずつきものです。よくみるので「どうせいつものこと…」と甘く考えていたら、実は重大疾患が隠れていたということも。この講座では、消化器内科ひと筋の専門医が、「このサインは危険!」という危険アラートの見極め方を伝授。コメディカルにできる対応・対策と、報告のポイントについてズバリ解説してくれます。

※上記2講座受講で離床アドバイザー習得コースの理論コース1単位を取得できます。

※システムの関係確認画面・返信メールには仮の日時が表示されますが、
こちらの申込・決済は「ドクターズアイから学ぶ消化器疾患 ”危険アラート”の見極め方~ 病態・データ・症状から考える重症化回避術~2回コース」で、お間違いありませんのでご安心ください。