市民公開講座 世田谷区

「プロから学ぶ 寝たきり予防 セミナー」開催レポート

2018.7世田谷市民講座画像1

 平成30年7月13日世田谷区の北沢タウンホール内で、日本離床研究会の3回目となる市民公開講座を開催しました。

 今回は、今まで開催してきたタイトル「プロから学ぶ 入院対策セミナー」を「プロから学ぶ 寝たきり予防セミナー」と変更しての開催となりました。

 1時間という時間の中で、第1部「寝たきり予防」第2部「入院対策」の2部構成として、部の間には、「5分でできる寝たきり予防体操」も実施されました。

setagaya_shiminkoza_sholder_excesise.jpg

 

 

 

 

肩周りの運動だけで

誤嚥予防!?

 今回の内容は、短い時間の中で、「病院=安静」の考えは危険であり、手術後であっても動ける人には動いてもらう必要性を伝えました。病院のベッド周りは、畳1畳分程度しかない!つまりは動きづらい環境であるため、自ら動く意思を持たないとベッド上にいることになりますよ!と、当会らしいわかりやすく噛み砕くプレゼンテーションで訴えたところ、数多くの参加者が頷きながら聞き入っていました。

2018_setagaya_shiminkoza_3.jpg

  講座の最後には、今後の医療・福祉分野で学びたい項目をアンケートしたところ、多くの方から、疾患(心不全・肺炎・脳卒中など)や血液検査といった医療知識を深めたいことがわかり、今回の参加者からは自分自身の健康を自分で守る、そんな気持ちが強く伝わってきました。

 当会は今後も「患者さん自らが起きていく文化」を伝えるため、都内だけにとどまらず、全国各地で開催できるよう準備を現在進めております。

 皆さんのお近くで開催する際には、ぜひ参加をお待ちしております。