日本離床学会 - 早期離床・看護・リハビリテーション

【日本離床学会】皆様へ新年最初のメッセージ

明けましておめでとうございます。

新たな年が、皆さんにとって、素晴らしいものとなることを、お祈りしております。

コロナで停滞した世の中ですが、そんな時代においても前を向いて歩み続けることは、とても大切であると考えます。

皆さん個々の力はとても貴重であり、この混沌とした世界を変えていくのは、そのひとり一人の“前に進もうとする力”であり、その力を合わせることが重要だと感じています。

いまこそ、その力を結集し、大変な時代を乗り切っていきましょう。

日本離床学会は、今年、医師向けの認定指導医制度、そして、全職種共通の技能認定制度を立ち上げ、各領域で指導できる人材を増やして参ります。

また、各地での現地講座再開を想定し、現地参加・WEB参加の両方を可能とする、ハイブリッド形式の開催も目指して参ります。

まだまだ、先の見えない状況が続きますが、必ず、いつかトンネルの出口は見えてくるはずです。

その時が来るのを信じて、自分に磨きをかけ、寝たきりゼロを目指し、みんなで頑張っていきましょう。

本年も、日本離床学会を、どうぞ、宜しくお願いいたします。

日本離床学会 会長
曷川元