早期離床Q&A(回答者:曷川 元 他 日本離床研究会講師陣)

<< Q&Aリストへ戻る

Q80.

MOCA-J(モカジャパン)は、認知機能のスクリーニング検査として有用でしょうか。

A80.

MOCAは軽度認知機能障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)を検出するためのスクリーニング検査として開発されたものです。

30点満点の検査であり、25点以下でMCI疑いとなります。
視空間・遂行機能、命名、記憶、注意、復唱、語想起、抽象概念、遅延再生、見当識をみることができますので、高次脳機能障害のスクリーニングとして用いることができると思います。

ただし、高次脳機能障害より認知症の診断によく用いられておりますので、多施設への申し送りや、研究発表の場合にはHDS-RやMMSEの方が、高次脳機能障害のスクリーニング検査としては汎用性が高いので、あわせて検査すると良いかと思われます。

MCIに対しては、有酸素運動を始めとする運動が、認知機能障害進行の抑制に効果があると言われています。
このようなスクリーニング検査で、早期に認知機能低下を発見し、早期離床・早期運動を提供することが重要かと思います。

<< Q&Aリストへ戻る