会 期:2018年16日(土)

会 場:国立オリンピック記念青少年総合センター

大会長:中木 哲也 

副大会長:櫻木 聡

インフォメーション
  • 日本離床学会 第8回 全国研修会・学術大会演題登録期間が延長しました。(3月16日(金)迄)登録フォームはこちら
  • 日本離床学会第8回全国研修会・学術大会ツイートセッションの募集を開始しました。詳しくはこちら
  • 前回の全国研修会・学術大会の様子はこちら

“ただ起こすだけ”から“意味ある離床”に変えよう

新年度の診療報酬に「早期離床加算」の新設が発表され、早期離床の重要性は増すばかりです。しかし、やみくもな離床は患者さんの急変を招いてしまうことも…本大会では全国が離床に取り組む流れの今こそ、安全かつ確実に離床するための対策について徹底的にディスカッション。過去最多の教育講演とハンズオンセッションに加え、離床に関する演題発表などを企画。離床について多くを学ぶことができる欲張りな1日を約束します。

日本離床学会とは

 日本離床学会は、日本離床研究会内の組織の一つとして2015年に設立されました。本邦における離床のエビデンス構築、学術事項の審議・推進を目的に活動が行われ、2016年から学術大会を日本離床研究会全国研修会と同時開催します。また、日本離床研究会が発行する学術雑誌【早期離床】への投稿を支援し、離床の臨床・教育・研究に寄与することを目的としています。

 急性期、回復期、住宅・維持期と病期に関わらず、患者さんや利用者さんに早期離床を実施することで臥床による悪影響を最小限にするために、家族とともに多職種がチームとして寝たきりゼロという目標を達成するために必要不可欠な学術活動にお力添え下さい。 ≪詳しくは、日本離床学会基本情報ページをご覧ください≫