Seminar

R-25

脳卒中の看護ケア・リハビリテーションに
必要な高次脳機能障害の基礎知識

〜的確なゴールを予測するための臨床応用法〜

 

講 師:飯田 祥 先生(日本離床研究会学術研究部)

※担当講師の詳細はポスターを参照ください。

対 象:看護師・PT・OT・ST(左記以外でも受講可)

受講料:一般 9,800円(税込)会員 8,800円(税込)

※先着順:定員になり次第、締め切りとなります。

※申し込み方法:当ホームページよりオンライン申し込み。

前から疑問だった高次脳機能障害 一度ここで整理してみませんか?

「運動麻痺も感覚障害もないのに転倒を繰り返す」「嚥下テストに問題がないのに誤嚥してしまった」そんな症例は高次脳機能障害が影響しています。しかし、実際の臨床では、症状がたくさんな上に病態が複雑でしっかり解釈ができないと悩んでいませんか?そこで当会では、脳画像をヒントに高次脳機能障害の症状と病態を極限までシンプルにして理解する講座を考案。症状理解とアセスメントに終始せず、得られた情報から臨床アプローチ・ゴール設定に活かす方法を徹底的に学びます。さあ、あなたも現場ベースで作られた独自のプログラムを学んで、しっかり高次脳機能と向き合ってみませんか?

セミナー解説画像

※この講座は離床アドバイザー習得コースの理論コース1単位を修得できます。