Seminar

R-1

2日間集中講座
「急性期リハビリテーションにおける
 臨床評価のポイント(基礎コース)」

神戸講演

日 時:平成30年4月21日(土)14:30〜19:00

4月22日(日)10:00〜16:10

会 場:兵庫県中央労働センター

(神戸市中央区下山手通6−3−28)

 

5月19日20日さいたま講演受講希望の方はこちら

講 師:曷川 元 先生(日本離床研究会学術研究部)、徳田 雅直 先生(新横浜ハートクリニック)

講師変更あり、担当講師の詳細はポスターを参照ください。

対 象:PT・OT・ST・看護師(左記以外でも受講可)

受講料:2日間 一般 19,800円(税込)会員 16,800円(税込)

※食費・宿泊費は含まれません

※先着順:定員になり次第、締め切りとなります。

※申し込み方法:当ホームページよりオンライン申し込み。

 脳血管障害・外科術後の急性期や救急・救命病棟を始めとした、ハイリスク患者のリハビリテーションに必要となる臨床検査・薬剤・周辺機器の基礎知識を、ベテラン看護師・理学療法士を中心とした講師陣がご指導します。日常の臨床で培われた評価のコツをわかりやすく解説。

 教科書を見ただけではわかりにくい知識の修得を目指し、即戦力を養成します。

 臨床家を育成する目的で立案された独自のプログラムで、治療の幅を広げるチャンスです。新人を迎えるこの季節、またとないこの機会に是非学んでみませんか?

ベッドサイド-リハビリ必須の知識を短期間で徹底マスター
2day_gazo1.gif

病棟で必要な心機能・循環動態の基礎評価

  • 心電図の読み方と不整脈管理の理解 / 心機能を評価するモニターの読み方
  • カテコラミンの作用と投与量による病態判断
 2day_gazo2.gif

血液生化学データの読み方

  • 栄養状態を評価するためのおさえるべきパラメータ
  • Hb・Plt値の異常 輸血の種類(RCC・FFP・PLT)と適応判断
  • 電解質バランスと臨床症状 電解質補正の理解
2day_gazo3.gif 

病棟で使用されている薬剤 系統別ポイント講座

  • リハビリテーション対象患者に投与される頻度の高い薬剤 / 薬剤の効能と病態判断
  • 麻酔・鎮静に関する基礎知識/鎮痛剤の投与法と適応(PCA・筋肉注射・静脈注射・座薬)
 2day_gazo4.gif

体水分 In Out Balance にまつわる臨床判断の仕方

  • 術後の血管内脱水と浮腫の原理
  • 腎機能データの読み方
  • 人工透析の適応とその臨床判断
 2day_gazo5.gif

一歩踏み込んだ血液ガスデータの読み方

  • 酸塩基平衡と臨床症状
  • 呼吸性か代謝性か原因をとらえるための探索的ケーススタディ
 2day_gazo6.gif

胸部X線の基本的な画像評価の仕方

  • 読影による基礎知識
  • 原因別読影のポイント
  • 離床に関連する呼吸器病変

※公式テキスト「実践!早期離床完全マニュアル」はこちら
※この講座は離床アドバイザー修得コースの理論コース1単位を修得できます。