コース紹介

 離床アドバイザー認定を受けるための2つのコースが誕生! 苦手になりがちな、知識・理論面/技術面の両面をしっかりフォローアップする充実のコース内容です。両コースを修了した方は、病院スタッフにしっかり助言できるレベルと認められ、離床アドバイザーの称号を授与。さあ、あなたも日本離床研究会が自信をもってお届けする2つのコースを受講して、離床アドバイザーを目指してみませんか?

コース受講のメリット資格の取り方理論コース
  • 急性期リハビリテーションにおける臨床評価のポイント
  • わかる! 読める! 胸部レントゲン写真読影の実際
  • スタッフの人工呼吸器アレルギーをゼロにする基礎講座
  • ICU・超急性期における重症患者の基礎評価
  • 離床時に必須! 初心者にゼッタイわかる心電図
  • 自分の脳も変えられる 脳卒中セミナー
  • 整形外科術後急性期に起こりうるトラブル対策とADLアップのコツ
  • 肺炎時の呼吸ケアと早期離床戦略
  • 嚥下造影(VF)がない状況下での直観力を養う嚥下トータルアプローチ ほか

 

実技コース
  • マスターしよう! 体位変換と移乗動作
  • どうにかしたい! 徒手的呼吸介助と排痰技術
  • 拘縮はゼッタイ作らない!関節可動域ROMエクササイズ
  • これなら簡単にできる! 早期離床のワザと病棟リハビリ
  • 模擬体験で学ぶ!呼吸・循環のフィジカルアセスメント実技講座 ほか
各コース修了者にはコース修了証を、両コース修了者にはアドバイザー認定証と記念バッジが授与されます。
>> コース修了申請書

離床アドバイザー習得コース(理論コース/実技コース)

1.まず見てみよう!

course_photo1.gif ・お手持ちのスタンプカード
・過去の各講座修了証や講座資料
・ホームページの受講履歴確認画面(会員の方のみ)

(修了証がなくても単位認定されます)

2.足りない単位を取得しよう!

理論コース 理論系講座からどれでも7つ受講

基礎理論講座

総論講座 

各論講座 

呼吸器系講座

循環器系講座

疾患各論講座 

実技コース 実技系講座からどれでも7つ受講

基礎理論講座

実技系講座

評価・アセスメント講座

プレアド
3単位
レポート
2単位
全研実技
1単位
     

◎全14単位のうち、プレアドバイザー 取得で3単位、
レポート提出で2単位 免除することができます。

3.単位がそろったら・・修了申請しよう

申請の方法は2つ

  1. 最後の単位を受講する前に事務局へ連絡し、受講当日に修了式。
  2. 修了申請書をダウンロード、事務局へ送付。

既に全ての単位を取得している方は、どの講座でも修了式を行うことが可能です。

コース修了

修了証とバッヂが授与されます。

course_photo03.gif

2コース修了の場合は、プレアドバイザー資格がなくてもアドバイザー認定が受けられます。

離床アドバイザーの将来

 離床アドバイザーは、病院スタッフに助言できるレベルと認定され、院内や各地域における離床場面でアドバイスする能力があると認められます。また、筆記・実技試験を受けることで離床インストラクターにステップアップすることができます。インストラクターになると、各施設における医療スタッフの教育に携わっていただくほか、講師として共に全国をまわる「講師コース」、一般市民の教育を当会の指針に沿って行っていく「一般市民教育コース」に進むことができます。

course_step.gif