1.日本離床学会とは

活動趣旨

日本離床学会は、日本離床研究会内の組織の一つとして2015年に設立されました。本邦における離床のエビデンス構築、学術事項の審議・推進を目的に活動が行われ、2016年から学術大会を日本離床研究会全国研修会と同時開催します。また、日本離床研究会が発行する学術雑誌【早期離床】への投稿を支援し、離床の臨床・教育・研究に寄与することを目的としています。

急性期、回復期、住宅・維持期と病期に関わらず、患者さんや利用者さんに早期離床を実施することで臥床による悪影響を最小限にするために、家族とともに多職種がチームとして寝たきりゼロという目標を達成するために必要不可欠な学術活動にお力添え下さい。

定款 事務局情報

2.名簿等

理事・評議員名簿等

各種委員会

1.倫理委員会

当会の学術活動に関する倫理審査を実施します。所属施設での倫理審査以外に当会での倫理審査を希望される場合、事務局までご連絡下さい。必要書類一式と審査手続きについて連絡致します。

2.倫理審査申請方法

<倫理審査申請条件>

日本離床学会倫理委員に審査を依頼するには下記の条件全てを満たす必要があります

  1. 研究代表者は日本離床研究会会員であること
  2. 研究分担者(研究代表者でも可)に日本離床研究会会員歴2年以上の者が含まれること

<申請方法>

表題:倫理審査申請希望

氏名,ふりがな,所属,メールアドレス,電話番号

以上をEメールに記載してお送りください。

日本離床学会倫理委員より、必要書類を一式メール添付にて返信いたします。

※jsea@rishou.orgからのメールを受信できるよう設定を予めご確認ください。

3.学術大会

本邦における離床のエビデンス構築、情報発信、ネットワーク形成を目的に、学術大会を開催します。

全国研修会・学術大会

4.Early Mobilization Journal

原著論文や症例報告などの投稿論文を受け付けています。海外のエビデンスや、離床に関する最新情報なども掲載しております。

Early Mobilization Journal EMJ