離床アドバイザー1年取得ゼミナール

 短期間で集中して離床を進めるリーダーとなるスタッフ「離床アドバイザー」の資格を1年で習得するゼミナールです。修了すると、離床に関する知識・技術を習得され積極的に離床を図れるレベルと評価される離床アドバイザーを名乗ることができます。また、自分一人ではなく、同じ目標を持った多施設・多職種の仲間と一緒に学べることが本ゼミナールの特徴です。

 ゼミナールに参加すると2018年該当する地元地域開催の講座すべてに定額で参加することが可能となります。「1年で集中して資格を取得したい」「自分ひとりではなく多くの仲間と共に励まし合いな がら資格を取りたい」という方に、是非参加をお勧めします。

各地域の会員・受講生の方へのお願い

 2016年関東で1期生のゼミナールを開催し、2018年は新たに九州でも開催することになりました。今後も、講座を継続的に開催可能な地域から順次このゼミナールを開催していく予定です。是非、各地で開かれる講座に積極的に参加していただき、継続開催とゼミナール開講のためお力添えください。

わかるって、おもしろい。

患者さんの“なぜ”“なんで”を1年間で学ぶコアカリキュラム。

来年の今、自信をもって離床のアドバイスができる医療者に成長します。

同期メンバーは他施設で活躍する医療者たち。同じ志をもって学べるから安心です。

東京1期生 下山浩太郎さん

1nen_adv_senpai_simoyama.jpg離床アドバイザーを目指して毎月楽しく通っています。
ゼミナールに参加して最も良かったと思うことは、定期的に学ぶことが出来るので、知識や技術を積み重ねることで、日々の臨床で非常に役立っています。また、出席を重ねていくうちに徐々に顔見知りも増えて、今では講義の後に皆で懇親会を通して交流を深めると共に、講義の内容や日々の臨床の話をするほど同期とは仲良くなりました。今後は、アドバ イザー修得後、インストラクター取得に向けゼミ生で集まって、お互いに知識を深めあいながら勉強しようと思っています。多職種や多施設の人とコミュニケーションをとる機会は普段なかなか無いため、とても貴重な交流の場でもあり、知識以外の見聞も広がりました。離床の勉強もでき、仲間と知識を深めあい、様々な交流が出来るこのゼミナールを、私は自信をもってお勧めします。

申 込

下記募集要項をダウンロードし必要事項をご記入の上、事務局に郵送またはメール添付にてお申込ください。

離床アドバイザー 1年取得ゼミナール 規約 申し込みフォームPDF関東 申し込みフォームPDF九州 学費引き落とし依頼書PDF
     

離床アドバイザーの在籍している施設

◆ 北海道地区
愛全病院
勤医協札幌西区病院
札幌しらかば台病院
札幌宮の沢脳神経外科病院
札幌南一条病院
◆ 東北地区
周行会 内科佐藤病院
石巻赤十字病院
仙台厚生病院
大崎市民病院 鳴子温泉分院
登米市立登米市民病院
八戸赤十字病院
◆ 関東地区
NHO宇都宮病院
なめがた地域総合病院
茨城県立こころの医療センター
茨城県立中央病院
牛久愛和総合病院
鹿島労災病院
白峰会 湖南病院
隆仁会 山王病院
群馬リハビリテーション病院
群馬県立心臓血管センター
公立藤岡総合病院
沼田脳神経外科循環器科病院
前橋赤十字病院
さいたま市立病院
埼玉医科大学国際医療センター
埼玉県立循環器呼吸器病センター
新座志木中央総合病院
大生病院
朝霞台中央総合病院
東川口病院
八潮中央総合病院
北里研究所メディカルセンター
愛川北部病院
横浜総合病院
海老名総合病院
寒川病院
小田原市立病院
湘南藤沢徳洲会病院
総合新川橋病院
南大和病院
箱根リハビリテーション病院
さんむ医療センター
みつわ台総合病院
君津中央病院
国保松戸市立病院
成田赤十字病院
成田富里徳洲会病院
誠馨会 セコメディック病院
千葉健生病院
千葉脳神経外科病院
袖ヶ浦さつき台病院
津田沼中央総合病院
東邦鎌谷病院
東陽病院
白金整形外科病院
JR東京総合病院
NTT東日本関東病院
イムス葛飾ハートセンター
ハウスグリーンパーク
右田病院
苑田第一病院
江戸川病院
松井病院
松弘会 三愛病院
赤坂見附前田病院
総合東京病院
大泉生協病院
都立墨東病院
東京医療センター
東京都保健医療公社 荏原病院
日本赤十字社医療センター
◆ 中部地区
愛生館 小林記念病院
一宮西病院
上林記念病院
◆ 中部地区
成田記念病院
青山病院
八千代病院
八田なみき病院
福友会福友病院
市立恵那病院
伊豆保健医療センター
西島病院
静岡市立静岡病院
中東遠総合医療センター
金沢医科大学病院
恵寿総合病院
富山県リハビリテーション病院 こども支援センター
◆ 関西地区
京都山城総合医療センター
丹後中央病院
高島市民病院
山本第三病院
市立岸和田市民病院
成和会 ほうせんか病院
大阪市立総合医療センター
大阪労災病院
第一東和会病院
中之島いわき病院
長吉総合病院
刀根山病院
府中病院
関西学研医療福祉学院
南奈良総合医療センター
平成まほろば病院
平成記念病院
神鋼記念病院
東浦平成病院
兵庫県立西宮病院
老人保健施設 旭陽
◆ 中国・四国地方
弘友会 加戸病院
西条中央病院
津山中央病院
天和会 松田病院
安田病院
井野口病院
公立世羅中央病院
おさか脳神経外科病院
香川井下病院
香川労災病院
須崎くろしお病院
阿知須共立病院
山口県立総合医療センター
徳山リハビリテーション病院
日本赤十字社 鳥取赤十字病院
松江市立病院
介護老人保険施設 和楽
博愛記念病院
◆ 九州・沖縄地区
とよみ生協病院
沖縄県立中部病院
球磨郡公立多良木病院
熊本赤十字病院
熊本総合病院
熊本労災病院
うれしの 福田病院
沖野循環器科病院
肝属郡 医師会立病院
薩摩郡医師会病院
川内市医師会立市民病院
春日会 黒木記念病院
中津市立中津市民病院
佐世保共済病院
貞松病院
耀光リハビリテーション病院
JCHO九州病院 (26.4月より)
芦屋中央病院
久留米大学病院
済生会 飯塚嘉穂病院
中間市立病院
嶋田病院
飯塚市立病院

申 込

下記募集要項をダウンロードし必要事項をご記入の上、事務局に郵送またはメール添付にてお申込ください。

離床アドバイザー 1年取得ゼミナール 規約 申し込みフォームPDF関東 申し込みフォームPDF九州 学費引き落とし依頼書PDF
     

離床アドバイザー 1 年取得ゼミナール 規約

1.ゼミナール概要

 短期間で集中して離床を進めるリーダーとなるスタッフ「離床アドバイザー」の資格を1年で習得するゼミナールです。修了すると、離床に関する知識・技術を習得され積極的に離床を図れるレベルと評価される離床アドバイザーを名乗ることができます。また、自分一人ではなく、同じ目標を持った多施設・多職種の仲間と一緒に学べることが本ゼミナールの特徴です。

2.ゼミナール申込の手続き

  1. ゼミナールの募集期限は毎年12月末とします。
  2. 申込書類提出後、学費納入のご案内をメールします。1週間以内に手続きを完了してください。
  3. B)の手続き完了後、IDカードを発行しますので、各講座への参加が可能となります。
  4. 学費は申込時より納める必要があります。
  5. 納入方法は原則口座振替となります。
    ゼミナール学費について
    ※ ゼミナールは年間の申込ですが、学費は12回分納となります。
    ※ 施設申込の場合は一括納入も可です。
    ※ 口座振替は毎月27日頃引き落としとなります。
    ※ 学費納入の遅延等があった場合、ゼミナール参加をお断りすることがあります。
  6. 一度納入された学費はいかなる理由があっても返還いたしません。
  7. 途中解約する場合、月払いの方は申請の翌月から1万円の解約金を支払うことによりで解約可とします。 年払いの方は、申請があった時点で解約可とします。

※月払いでの途中退学の場合、受講した講座の正規受講料の差額を支払うことで認定単位が認められます。

3.申込み後のクーリングオフ期間

申込者は、申込み手続き完了、もしくは申込み書類の事務局到着日から8日以内は申し込みを撤回し契約を解除できるものとします。

4.ゼミナール学生の資格

  1. ゼミナール学生は、自身の研鑚を深める目的で参加するもので研究会会員の特典を受けられるものではありません。会員未入会の方は、極力入会しての受講をお勧めします。
  2. ゼミナール学生の有効期限は、1月講座から同年12月講座まで12ヶ月間となります。
  3. 本人以外の代理受講は認められません。

5.ゼミナール学生の受講方法

  1. ゼミナール手続き完了後にIDカードを発行します。
  2. 講座を受講する際には、郵送もしくはFAX・E-mailにて事前に申し込みが必要です。(SNS等からは不可)
  3. 申込完了後ゼミナール学生はIDカード(写真付)を持参することで受講が可能となります。
  4. 希望講座が定員に達してしまった場合には、お申し込みを受付できませんので、早めに申込みください。
  5. 参加講座以外の資料を配布することはできません。

6.ゼミナール学生の資格喪失

当会はゼミナール学生に以下の行為があった場合、学生の資格を喪失したものとし、直ちに当会と学生との一切の契約を解除することができます。

  1. 研究会の名誉を傷つけるような行為や背反行為があったと判断されたとき
  2. 申込書の記載内容に虚偽があった場合
  3. 学費の支払が遅延した場合

7.ゼミナール修了後アドバイザー認定資格登録の手続き

  1. アドバイザー認定資格申請には、所定の単位を取得する必要があります。
  2. ゼミナール修了後のアドバイザー認定資格申請には、所定のコース修了申請書の提出が必要となります。
  3. アドバイザー認定資格を取得するには、会員登録(年会費4,800円)が必要です。

一般社団法人 日本離床研究会