日本離床研究会とは

教育講座の指針

1.教育講座の内容

早期から安全に離床を実現するためには、1)基礎となる知識、2)確固たる技術、3)最新の知見、4)臨床の勘、の4つが必要と考えています。当会は、教育講座の組み立てにあたって、こうした要素を網羅するよう留意し、講師陣にも徹底しております。

2.講師選定基準とプレゼンテーションの組み立て

各講座の講師は、臨床の最前線で活躍している方に依頼し、明日からすぐに活かせる知識をお伝えできるよう組み立てられています。新規講座の開講にあたっては、どのような先生であっても初稿の提出・予演等をご了承いただき、厳しいディスカッションのうえ修正、初回講演に臨みます。また、1回の講演が終了するたび皆様からいただいたアンケートをもとに改良を加え、次回講座に臨んでいます。常にバージョンアップする講義にご期待ください。

3.教育講座運営方針

当会では、講師自らがすすんで受付・会場設営・空調調節等を行い、受講生の皆さんと同じ高さの目線で講義することを目標としています。一生懸命働いている講師を見かけたら、暖かいお声掛け、宜しくお願いします。

4.プレゼンテーションの工夫

教育講座のプレゼンテーションは随所に工夫を凝らしております。“臨床ですぐに役立つ”“受講生を寝かさない”ことを常に意識し、随所にイラストや笑いを取り入れ、魅力あるプレゼンテーションを提供いたします。

5.教育講座の価格設定

講座の価格は、相場(各職能団体からの援助なしの団体として換算)の50〜70%の安価で設定しています。しかし、一人でも多くの方に受講していただくため、郵送費やカラーポスターの印刷費が大きく運営を圧迫しているのも現状です。さらに安価な講座を実現するため、是非、お誘い合わせの上、ご来場ください。