日本離床研究会とは

早期離床とは 〜早期離床の意味〜

 どんなに元気な人であっても、病気にかかって臥床をすると身体が弱ってしまいます。原疾患の治療が施されているにもかかわらず、臥床を続けている と、さらに様々な合併症が出現し、起き上がることさえ困難になってしまいます。このような状態にならないために、全身状態が落ち着いた時点で早期から座位 や立位・歩行を行うことを早期離床といいます。

 現在、早期離床は手術後のみならず、臥床状態におかれた全ての患者さんに対し行われています。このような時代の流れを考慮し、当研究会では早期離床 を「手術や疾病の罹患によっておこる臥床状態から、可及的早期に座位・立位・歩行を行い、日常生活動作の自立へ導く一連のコンセプト」と定義しています。